名称未設定-1802お墓とお葬式を巡らせてもらったスラウェシの旅。
すごく充実して、そして色々と考えさせられる、そんな旅になったのですがテーマがテーマだけに写真的にはどうにも重かったりして困ってしまいます。
お墓だけでなく、驚くことに割とざっくり転がっているシャレコウベ、そして死者の生き写しのような怪しげな人形のタウタウ。。しかしぎょっとして足早に通り過ぎたくなる気持ちをぐっとこらえて足元を見ると、そこには何かのメタファーのような、南国の力強い新しい命がまた芽生えていました。
野の花、飛び交う鳥や虫。また自然のサイクルの外側からも遺族が置いていった造花や、焚かれた火。
これらを同じ場所で、命を燃やし尽くした後の理に関わる事柄と合わせて写しました。
名称未設定-2376

名称未設定-2489

名称未設定-2628

名称未設定-2669

名称未設定-2436

名称未設定-2435

名称未設定-2366

名称未設定-1878

名称未設定-1877

名称未設定-2754名称未設定-1866

名称未設定-1814

名称未設定-1783

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.