名称未設定-1332清涼感とはにかみを含んだような風が心地よい、無限に続く水田の中を勢いで契約したガイドのおっちゃんの後部座席に座り北へ。
目的地はお葬式が行なわれているという村。そんなわけでして我々はどでかい真っ黒のタスキのようなものを羽織って、なんというか、漆黒のちくわのような奇妙な出で立ちで山の中の小道を縫うように走っているのでした。
名称未設定-1291それにしても山深い。スクーターで訪れたのが運の尽きか、勾配が急すぎて僕が這い登らなければならないような獣道や板一本置いただけみたいな橋をヒヤヒヤしながら越えて奥へ進みます。
それに伴い集落のトンコナンと呼ばれる家屋も徐々に気合いと年季の入った仕上がりに。
誇らしげに並べられている水牛の角に息を飲みます。
名称未設定-1338このブルヘッドを見よ!!こんな家に僕も住んでみたいと心より思います。
名称未設定-1368ようやく目的の集落に。
名称未設定-1304周囲に外国人の姿はなく、場所が場所なので極力目立たないように隅から隅へそそくさと動くのですが、何かしらあのヒゲメガネ?!的な囁きはいつしかどよめきに。
僕も怪しいものじゃありません!とあたふたするのですが不審っぷりは増すばかり。。
それでも集落の人々は本当に優しく、席を用意してくれたりお茶をすすめてくれたり。。
名称未設定-1300もう15、6年前になるでしょうか。初めて長い旅に出た時、モンゴルで、ラオスで、パキスタンで、そしてシリアで。
完全に場違いなほどの田舎の集落に迷い込んでしまった時に感じたこの温かい感覚。
どんな村にでもインターネットやスマホが行き渡り、もうこう言う未知との遭遇みたいなリアクションされることもないのかと思っていましたが。。
名称未設定-1318ガイドさんを通してご挨拶をすると、逆によく来てくれましたみたいなものすごい紳士的に振る舞ってもらえて、正直驚きました。
村長さん的な方と、その後ろの美しいトンコナンハウスの彫刻された壁。
名称未設定-1325案内していただいた遺体安置所。6月、7月、8月に集中すると聞いていた葬儀。
秋に亡くなられた方は結構な月日を待たねばいけないことになります。
不謹慎極まりないのですが気になる匂いもなく。
さすがに写真は。。と思っていると皆さんから撮れ撮れと。
名称未設定-1337さすがに少し居た堪れない気持ちになって散歩。いわゆるトンコナンハウスには二種類あって。屋敷でないものはこう言った倉庫のような役割を果たしているようです。
おっちゃん達を中心に集落でのおしゃべり会の会場となっている模様。
名称未設定-1352-2キッズもまた集います。トラジャTの大人びた雰囲気を持つ少女。
名称未設定-1346孫を愛おしそうに抱くおばあちゃんほど愛の詰まった存在を僕は他に知りません。
出会いと別れの数は一定なのか。悲しみと喜びは常に表裏一体だと肝に銘じて。
名称未設定-1373広場ではながいスピーチ(?)が終わり、おもむろにランチタイムへ。
おばばを中心にすごい量の米が搬入されはじめました。
このライスと、前日に屠った水牛や豚を茹でて、いらっしゃったお客様に振舞ってくれるのです。
名称未設定-1548豚は、なんというかとんしゃぶみたいな感じで。結構美味しかったです。ゆずぽんが欲しくなる感じです。
しかし水牛はなんと言いますか。。牛毛とかも結構生えていて、なかなかワイルドです。
ちなみに写真は村の中にあった牛骨。目光るんでしょうか。。。
ていうかお葬式はどうなった??
名称未設定-1381仲良くしてもらったフィールドワークに来ていた都会の女子大生。洗礼された美もまた素晴らしい!
名称未設定-1383男子大学生の写真も撮りましたがあえて女子のみ載せさせてもらいます。。
名称未設定-1396パラボラ少女。
名称未設定-1387少年の目つきは鋭く。
名称未設定-1401そんなこんなしているうちに、食事を終えてまったりした広場に戦慄が走ります。
緊張感と共に若い衆がドヤドヤ安置室に入り込み出します。
部屋のなからは泣き声と叫び声。何かを怒鳴り捲したてる若い衆。ものすごい喧騒。
さっきまでの牧歌的な空気は一瞬で断ち切られました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.