インチャリラジオ合唱団

On 2014年8月9日 by pointweather
お店にとって節目となる日が近くなり、ふと考えることはこの先のモチベーションの維持について。

何かを変化を加えてリフレッシュを。
あれもしたい、これもしたい、それでいてなんだかやり遂げてしまったような錯覚ももやもや湧いてきたりもしてきます。
濃霧のような迷いを振り払うべくまずはオープンの時より気になっていた天井の改装、そして自分が一番居心地がいいと感じる大きな本棚を設置。
こういったずっとできたらいいなーという思い続けてきたこと、そういったことから形にしていきたいなと思い立ちました。

己の素人大工仕事に全てを託すか、あるいは業者さんに依頼するか。
ひらめいたのはその中間。以前より仲良くしてもらっていている大工さん、通称インチャリさんに声をかけさせてもらう事にしました。

廃材系棟梁、あるいは湘南リノベーション界のカリスマか。
鎌倉、逗子、辻堂。湘南辺りの自分の好きなお店の内装を辿ると必ず現れる都市伝説の様な男。
下請け時代にはポイの内装も手掛けてくれたと知ったのは2,3年前だったでしょうか。本当に嬉しかった事覚えています。
そんなインチャリさん。打ち合わせ半分、未だ全貌がつかめぬ兄貴の全貌を知りたいという思い半分ではるばる訪れたのは海の町、茅ヶ崎。


待ち合わせの時間に住所を頼りに工房に向かうのですが、いつも頼りにしている、今や地球を網羅していると言っても過言ではないグーグルマップがわかりませんと音を上げるではないですか。
打ち間違えか、勘違いか、あるいはこの時すでに我々は四次元に突入していたのかもせん。

途方に暮れて本人に迎えに来てもらったのですが、なるほど。道と呼ぶにはあまりに細く、険しい道。獣が作り出したようなプリミティブな竹藪のトンネルを抜けると現れた謎の長屋系施設。怪しすぎて胸が高鳴ります。

昔は養鶏所だった建物に並ぶ個性的なアトリエ群。
元々ハーレーの工場だった一角をさらに改造した工房はいまや完全に秘密基地の様相。


こちらは足を悪くした大型犬用の車椅子。ピースです。


まぁ座って座ってと案内してもらったイスもすこぶるキュート。
うどん屋さん解体の時にもらったイスにタイヤをつけたのだとか。どこまでも転がって行きたくなります。

作業テーブルの端には気になる書籍も。
一見本能のおもむくまま、天性の感性で作品を作り上げていく人かと思っていたのですが、知と才に加え一人、日々淡々と技を磨き職人として高みを目指して行くその鍛錬の結晶のようなものがこの空間にぎゅっと詰まっているのです。
あたりまえですが雑多なカオスの中で光るセンスとインテリジェンスとスキルは一朝一夕のものではないのでした。

 

ところでラジオはお好きですか?

リスナーとしてそこまで放送に入れ込んだことは無いのですが~ヘルツという謎の怪電波乗って、DJ任せの選曲による出会いと再会、そしてあのなんともいえない音質で聴く懐かしい曲。
音楽を聴くツールは色々便利になってきましたがレコードと同じようにクラシックの味わいは何とも言えない魅力を携えているように感じます。

インチャリさんの活動で特にユニークなのが、この工房のあらゆる場所に設置された古いラジオに向けてゆるいレゲエやダブを電波に乗せて発信させ一斉に鳴らす超サラウンドPAシステム。
その名もインチャリラジオ合唱団。
噂には聞いていたのですがこの度初体験。
脱肉体。すごいっす。

 

昔は日本中をチャリで旅してまわったり、時には富士山の山頂まで自転車を担いで登り直滑降で降りるなど強烈なエピソードをさらっと話してくれるかっこよさ。
お茶目と不思議と鋭さが混じりあう本当に素敵な人でした。
今は少し忙しいようですが近い将来一緒に改装作業できる日が楽しみになってきました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.