先日代々木で開催されたアースデイに遊びに行って来ました。
第3週日曜日ということもあって毎年友達と誘い合わせてワイワイやりつつ
日頃当たり前のように受けてしまっている自然や社会の恩恵、あるいは危機感、疑問点についてちょいと考えてみたりするのです。
earth01.jpg
食品を扱う者として、やはり食材の生産方法、こだわり、取り組み方。
こういった生産者さんのお話を聞ける場はすごく貴重で大切だと思うのです。
舌鼓を打ちつつ勉強させてもらっています!
earth02.jpg
各国が抱える様々な問題を考え、その問題解決を支援する団体さんのお話を聞けるブースを巡れるのもすごく貴重な時間だと思うのです。
今回特に惹きつけられたのがDAYS JAPANさんのブース。
フォトジャーナリストの皆さんが撮った理不尽で憤る世界。
美しい写真故にその切り口も鋭利に胸をえぐります。
earth03.jpg
しかし10年前に様々な国を旅行させてもらっていた時に比べ紛争、貧困、災害の数は減っていない、あるいは増えているのではないのかと思う事あります。
昨年はマダガスカルでクーデター。今年は東チベットで大震災、未だ止められる事の無い自由の制限。
自分のような旅人目線からでも、訪問したいと思う国で起こる悲劇に直面すること、それに伴い旅を延期、あきらめること増えている気がします。
自分はただの訪問者ですが思いを寄せる国で暮らす人々の生活を考えるとなんともやりきれない気持ちになってしまいます。
earth04.jpg
それにしてもこのアースデイ。
毎年ひょっこり友達やお客さんと遭遇するなんとも奇妙で奇遇な一日。
今年もいくつかのサプライズありでした。
カレー片手にあららら?!ってのが妙に嬉しかったりするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.