近頃また人様の表現をいろいろ見てみたいと思うようになりまして、その都度東京に出かけたりするのですがご近所にまさかまさかの凄いギャラリーが。
東京綜合写真専門学校。ちょうど日吉と綱島の間の写真専門学校ですね。バウハウスの紹介と多岐にわたる写真と表現の解釈。ちょうど先日訪れた軽井沢の浅間フォトフェスティバルとかに近い現代美術寄りの作品が多かったのも印象的でした。
以前より友人が通っていたりして話には聞いていたのですがこんなにもご近所だったとは。。

しかし柔らかな夕日が窓から差し込み、未来のフォトグラファーたちがわいわいしながら下校していく姿。目を細め、そして何故だか胸が締め付けられました。
ほぼ前世、しかし私にもありましたかね、そんな頃が。。
若くして自分の信じる道に一歩踏み出す姿は独特の透明感を帯び美しく感じました。

以前にお店でお話させてもらった方がこちらで教師をやってらっしゃって、偶然ばったり。お声をかけてもらったりしてなんとも嬉しい訪問となりました。
展示は11月22日までのようです。ご興味のある方はぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.