急に思い立ち月曜日、和歌山に旅に行ってきました。
神奈川県横浜駅から三重県熊野駅へ。夜行バスが誘うワンデートリップ。
そう、ワンデー。往路復路、夜行バスの強行スケジュールです。
父も母も、そして僕も生まれた土地は和歌山。
幼い頃から引っ越し続きだった自分が、なぜか急に故郷を知りたいと思う気持ちが最近ふつふつ湧いてきました。
勢いに身を任せ、熊野、新宮、那智、太地と気になることが多い土地が集う東和歌山沿岸部をググッとレンタカーで巡ってきました。

めはり寿司を頬張り、寿司曼荼羅講座を受講し、海辺でアザラシのようにのたうちまわったり。結局熊野まで旅したのに今回も古道までたどり着くことはできずあっという間の黄昏時でした。
それでも気になっていた土地をこの目で見てその場の空気を感じ取れたことは実に有意義でした。
神と仏、霊山と黒潮が交差する土地で感じたこと。また色々レポートできたらと思います。

写真は熊野町。レンタカーを返してからバスに乗るまで。
夕暮れから夜。
限界まで湿気をはらんだ低気圧と潮と気配。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.