ドリル男は二度もぐる

On 2008年4月18日 by pointweather

オシャレなお母さんと可愛らしい子供たちの街、二子多摩川。
そんな笑顔が眩しいファミリーの街に
アルバイトのA君と男二匹行ってまいりました。
もぐる為に、巡礼の為に。
目的地は玉川大師さん。
一見すると、はてこちらから地下に?と感じるお寺さんらしいお寺さん。
いぶかしみながらも住職に話を伺いいざ降段。
tikadera00.jpg
ただ事じゃありませんでした。
いきなり真っ暗。とにかく黒。
手探り、すり足でズズズと前進。
tikadera02.jpg
少し明かりが灯ってきたと思うと壁一面字&お坊さん。
正直一人じゃなくてよかったです。
tikadera03.jpg
目も慣れてきてようやく気づきました。
エライ事になっているぞと。
tikadera05.jpg
どこか遠い世界行っちゃってました。
近く見積もっても東急線で行ける距離とはとても思えないのです。
tikadera04.jpg
極楽満喫しきって地上へ浮上。
tikadera01.jpg
この地下回廊の途中、自分の生まれた年の書いてあるお地蔵様に
参拝するのがルールなのですが、
ゴール間近でA君が俺、間違えましたと真顔でつぶやき引き返すハプニング。
だから最初お地蔵さん笑ってなかったんですね・・と後にポツリと告白する彼に
今でも涼しいものを感じます。

2 Responses to “ドリル男は二度もぐる”

  • akym

    ほんと、地蔵さん笑ってなかったんですよね。
    自分の年さえも忘れさせる場所でしたね、あそこは

  • point weather

    >akymさん
    確かに脳幹を直撃するタイプのトランス感ありました。
    近いうちにまた仏ゾーン行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.