weatherreport 0927 ウイグルと助っ人美女。そして伽藍に響くガムラン

On 2017年9月27日 by pointweather

ただいま展示中、大村さんの写真展、祈りを支える。
チベットの仏像製造を商いにしている一家のドキュメンタリーなのですが、今回はその展示の様子を少し紹介させてもらおうと思います。

また大村さんのもう一つの作品、ウイグルよ何処もポートフォリオとして置かせてもらっています。
変わりゆくウイグルと変わらぬウイグル。
西域、シルクロードの文化は悠久ではあるが不変のものではなく、想像以上の速度で利便性や合理性に移り変わっていきます。
この変化は常に一方通行。どちらかが優れているという安直な問題ではないのですが、その両方を写真として見比べていくとき、やはり一抹の寂しさが僕の中に残りました。

僕がカシュガルやトルファンなど、ウイグルの地を訪れたのが1999年。
路上で量り売りしてもらったレーズンを頬張りながら、砂塵舞う果てのない荒野を眺めていた思い出は今でも忘れられません。

ところで話変わって、先日の日曜日。
久しぶりに一緒に働いてくれる人が誰も見つからず不安で膝をガクガク震わせていたのですが、仲良くしてもらっているカヨちゃんが手伝ってくれました!
カフェ業務初めてとは到底思えないテキパキしつつも愛情あふれる仕事っぷりに惜しみない拍手を!
それにしてもえらいべっぴんさんだと思っていたお客さんも少なくないのではないでは。
実は雑誌のグラビア、あるいはテレビで戦隊モノのレギュラーをしてらっしゃったりと、きらびやかな世界での実績がすごい人なのです。
今は台湾で色々お勉強をしているそうです。今後の活躍も楽しみです!
最後にこちらもまた美女!
先日、高砂の崇福寺さんで行われたガムラン、シダカルヤさんのコンサートに行ってまいりました。
日本のお寺で行われるガムランでしたがレベルはもう半端じゃない。脳波が揺れて乱れて、そしていつの間にか共鳴して。
少し遅れてお邪魔させてもらったのですが、仲良くしてもらっているダンサーの安田冴さん。
キレにキレまくったダンスを拝見できて本当に幸せでした。福眼福眼。
残念ながら本番は撮影禁止でしたが大好きな仮面劇、トペンも最後に飛び出しその怪しすぎる勇姿をしっかりと目に焼き付けさせてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA