ヘルシンキ百景

On 2013年1月7日 by pointweather

フィンランド、ヘルシンキを限られた時間ではありましたが巡ってきました。
秋と冬の境目、海と森と。
fin01.jpg
潮風の透明度が明らかに違う。
特に早朝、港での深呼吸。
かもめを見ながら深く呼吸をする、ただそれだけで頭の中のモヤモヤがぷわーっと青空高くに溶けていくのです。
fin02.jpg
透き通る海の向こう側、シリヤラインは移動手段というカテゴリーから大きく逸脱した、遠近感の狂う、なんだか神々しい存在でした。
fin06.jpg
マスト射影
fin05.jpg
最初に海が黒く、次いでゆっくりと空が藍夕から夜に。
裸電球の光は弱く、淡く、温かい。
fin04.jpg
愛とベリーのある日々を。
fin08.jpg
一番印象に残ったツタビル。僕も包まれたい。
fin12.jpg
ヘルシンキノコ。天国への片道切符。
fin11.jpg
ヘルシンキの森は深い。
fin13.jpg
驚く事にそのリスは目の前の少年の足を駆け上った。
fin14.jpg
迷子にならぬよう御用心。
fin15.jpg
旅してつい不動産屋の物件をチラ見してしまう街は多いけど、実際物件情報、写メまで撮った街は他にあまり記憶にありません。

Comments are closed.