名称未設定-9533ネモフィラを鑑賞しにはるばる茨城まで訪れた日のことです。以前よりお誘いいただいていた友人の暮らす農場、その名も暮らしの実験室に立ち寄らせてもらいました。
知る人ぞ知る、農のシャングリラ。その美しきファームは茨城の山奥、時が止まったような静かで穏やかな気配の中にありました。

名称未設定-9263案内をしてくれたのはアミーゴのナオミチ君と同じくアミーゴの河ちゃん。
河ちゃんはこの農場に暮らしながら動物と野菜とそして素敵な仲間たちと共同生活を送っているのです。
消費一辺倒にならない食や農、そして一日、一日を生活するということを真剣に考え実行している、そんな彼女が卵を鶏をそして豚を慈しみながら語る様子は、なんと言いますか、聞いているだけで滋養に溢れるというか。
本当に好きなことを持っていて、そのことを本当に楽しそうに語る人が大好きです。それが旅でも音楽でも写真でも。僕も今働いているお店やカレーにもっと愛情を注がなければと思うのでした。
名称未設定-9233養鶏所、というか鶏小屋から案内してもらいました。
素人が見てものびのびしすぎです笑。
なんというか一列に鶏が並んでシステマチックに卵がベルトコンベアみたいなので運ばれてみたいなのを想像していました。
思うところあれども、日頃食を扱う者としてその現場を見るということは避けて通りたくないことだと思い覚悟していたのですが。
名称未設定-9252自由自在か。
名称未設定-9251この卵をきゅっきゅと磨いて消費者さんにお届けするとのこと。
こちらの卵、お土産としていただいたのですが、本当に美味しかったです!
名称未設定-9426もちろん世界中の人間の需要を満たす量の卵を供給するには少し効率が悪いのかもしれません。お店でも卵を使うことはやはりありまして、街中に一パックもありませんという状況だとやはり困ったりもします。
それでもなお、閉塞感漂う日々の暮らしを根底から覆す何か大きなヒントがあるように思えてならないのです。
ていうか猫!!
名称未設定-9331ここからはぶーちゃんの小屋に。
名称未設定-9266生きることに懸命な瞳には光が宿るというは話は本当かもしれません。
名称未設定-9273なんでしょうこの幸福感。
名称未設定-9305扶養家族ですと友人は語ってくれました。
名称未設定-9310ここからはひたすら豚の写真が続きます。。

名称未設定-9317鼻!

名称未設定-9322こんな穴からフガフガ言われたらもうイチコロですね。

名称未設定-9326貴婦人のようなエレガントさ。男性かもしれませんが。当たり前のことかもしれませんが、一匹一匹にこうも個性が違うのかと感心します。

名称未設定-ナオミチ君に撮ってもらいました。嬉し恥ずかしツーショット。

名称未設定-9333双子か?!美しきシンクロニティ。

名称未設定-9341ぶひんぶひん唸ります!
名称未設定-9375-2五つ子か??!!!

名称未設定-9394ホンキートンク。美しき獣と対話することの大切さ。
13081609_10208367915587490_1136101071_n敷地内にはツリーハウスも!写真が多くなってしまったので二回に分けさせていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.