天空世界 栗田哲男さん写真展のお知らせ

On 2015年3月30日 by pointweather

tenkutenjiご報告が遅れてしまいましたが土曜日からのカレーオープンに合わせて写真家、栗田哲男さんの写真をお店で展示させてもらっています!
昨年自分が四川チベット、ラルンガルに行くときに仲良くさせてもらっている写真家の方から紹介していただいた栗田さん。高山病と戦う術を色々伝授していただくという奇妙な御縁から仲良くしていただき、今回の作品展示をすることができました。
普段は中国でお仕事をされてい日本にいらっしゃらないのですが、帰省の隙をついてわざわざ作品を持ってきていただきました。本当に嬉しいです。

標高3000mを超えるチベットが今回の展示ですが、他にも雲南やインド北東部などガイドブックはおろか地図にかろうじて乗っているような人里離れた地の魅力を撮り続けてらっしゃる栗田さん。写真家であると同時に文化人類学的な知識もものすごく、講演会などであまり知られることのない少数民族の暮らしなどについてお話しもしていらっしゃるそうです。

以下ご本人のプロフィールです。
栗田哲男
1971年 愛知県名古屋市生まれ
1993年 香港中文大学留学
1997年 名古屋商科大学大学院修士課程修了 経営情報学修士
2000年 拠点を中国に移す(今に至る)
「辺境写真家」として、ネイティブ並みに堪能な中国語を活かし、中国の少数民族地域などを中心に撮影活動を行っている。4W0A0391_s【 いざない 】
アルザ・ゴンパ前で日の出を待っていた。すると、日の出直前に急に霧が立ち上って来て、目の前は金色に染まった。そんな中、コルラに来た老女が陽の昇る方角へ歩いて行く。黄金の別世界に導かれて歩みを進めているように。
撮影地:中国四川省カンゼ・チベット族自治州セルシュ県アルザ・ゴンパ
IMG_2697_s【 カムの少女 】
その日はちょうど一年に一度の法会の日であった。堂内には、正装した多くのカムパ(カムの男)とカムモ(同女)が集まっていた。そんな中、こちらに興味を持って一人の愛らしい少女が振り向いたのであった。
撮影地:中国青海省玉樹チベット族自治州ザドゥー県ロンカー・ゴンパ
0S6A5856_s【 寒・暖 】
日が沈む極寒の中、山肌にひしめくように建つ僧坊にぽつりぽつりと明りが灯る。その光景は寒さを忘れさせてくれるような温もりを感じさせるものであった。
撮影地:中国四川省カンゼ・チベット族自治州セルタ県ラルンガル・ゴンパ

最後にCMですが当店では旅に関する写真や作品をお店で展示してみたいという方募集しています。我こそはと言う方、伝えたい想いの詰まった写真がある方、是非。
詳しくはスタッフまで!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.