21. 11. 2018

潜像の語り手と北京ダッグ

美術館。とりあえず名前を知っている名画を見に行くような場所だと思っていた頃に偶然出会った映像作品。 心臓の鼓動が早く、なんなら停まるかくらいの興奮を覚えた経験があります。一人は石田尚志さん、もう一人がさわひらきさんです。...

Read More →
18. 11. 2018

紙を結うように

旅に出て、そこの絶景や笑顔を集めるような旅もあれば、日頃ニュースや些細な縁をきっかけにその問題や疑問を辿り自分の目で見て自分の頭で考える旅もまた存在します。 後者のような旅をあえて続け、何かを伝えたちと考えている仲間と今...

Read More →
16. 11. 2018

weatherreport 1116 本と展示と鹿とパーマ

徒然と最近の出来事を綴っていきます。 公私混同、むしろ私の方が多い気もしますが、そこは大目に見てやってください。。 最初に本の追加、嬉しいお知らせです。 ベンガルを漂う、流浪の吟遊詩人バウル。 その中でもひときわ存在感を...

Read More →
15. 11. 2018

Thailand 6:30 P.M.

11月20日から12月の2日まで山本高樹さんの写真の展示を開催します! 舞台は黄昏時のタイランド。 陽炎と喧騒の先に揺らぐ笑顔がいつしかネオンに包まれる時間。 10バーツのパッタイとカットパイナップル、それにビニール袋に...

Read More →
14. 11. 2018

本日夕方の少しお休みをいただきます

本日十四日、夕方に少しお休みをいただきます。 夜は営業を予定しています。 ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いします。

Read More →
13. 11. 2018

水面の月、あるいは鋭利な欠片

本日よりtobbyさんの作品展、情の欠辺始まりました。 本日、そして土、日は作家さんいらっしゃいます。 作品のドローイングから、水面に映る月、あるいは研ぎ過ぎてしまった刃ような危うさはどこか女性的な印象を受けましたが、本...

Read More →
11. 11. 2018

轍無き水平線

金曜日の夜、スターナビゲーションと呼ばれる航海術で旅をするカヌーに乗り、太平洋を旅する光菅修さんの話を聞く場を開きました。 実は僕はこのイベントが開催されるまで正直ほとんど光菅さんのことを知らなかったのです。 プロの冒険...

Read More →
09. 11. 2018

本日はイベント!通常営業は少しだけ早く営業が終わります。

本日は光菅修さんのイベント、航海の話になります! そのためラストオーダー18時半、19時までの営業と少しだけ閉店が早まります。ご迷惑をおかけいたしますがどうぞよろしくお願いします。

Read More →
09. 11. 2018

情の欠辺 tobbyさんの個展のお知らせ

11月13日(火)より、点、線、そして空間を描く作家さんtobbyさんの個展を開催します。 写真でも旅でもありませんが、その独特の世界観は飛行機に乗ったくらいでは体験できない場所に僕たちを連れて行ってくれると思います。 ...

Read More →
04. 11. 2018

カッチ 紡がれる伝統と暮らし

現在、藤本貴志さんの西インドグジャラート州のカッチに暮らす少数民族の人々の写真展を開催中です。イスラム教徒のジャット、そしてヒンドゥー系のラバリ、アヒール、ワダ、ハリジャン。様々な暮らしとそれぞれの刺繍とミラーワーク。そ...

Read More →
Pages:1234567...110»