16. 11. 2006

あぁ・・工業・・

もう、本当に唐突ですが工業地帯に興奮気味です。 無骨で意味深な鉄塔とか何造ってるんだか想像も付かない秘密一杯工場とか。 先日衝動を抑えきれず大黒ふ頭へ夜間ドライブ。 悪い事企んでないのにハートはドキンドキンなのはどういう...

Read More →
14. 11. 2006

富士を超え、鷹を超え

以前にも現れた珍ナスが再び厨房に出現! 今回は以前のようなアッパー型ではなく擬人系、すなわち鼻付き。 この逸材は・・とスタッフ一同、ついつい目、口と若干のアレンジを追加。 た、たまりません。いえ、普段は本当に仕事熱心です...

Read More →
12. 11. 2006
Off
セントラルアジアスタンダード03

セントラルアジアスタンダード03

壮大なアミダ型遺伝子の配列図のようでもあり、 世界一美味しいともっぱら噂の岡山県は倉敷名物の 銘菓ムラスズメの薄皮生地に似てない事もありません。 蜂の巣のような装いに反して(?)結構な高級ホテル。 窓からの眺めが気になる...

Read More →
10. 11. 2006
Off
セントラルアジアスタンダード02

セントラルアジアスタンダード02

イカの卵?プルプルブルンと近寄りがたいぜと思わせるほどにタワワなグレープ達。 たらふく召し上がって25ソム。お値打ちざます!

Read More →
09. 11. 2006
セントラルアジアスタンダード01

セントラルアジアスタンダード01

遊園地の片隅で愛想を振りまくスィートバニー。左脳右脳、共に全開。 広い中央アジアのほんの小さな出来事。

Read More →
30. 10. 2006
電波羊の夢をみる

電波羊の夢をみる

未だソビエトの影が色濃く残るキルギス。 地平線を感じるほどのスケールの荒野が広がる中、 日本のベッドタウンにあるようなマンション、あるいは団地が寂しげに建っている姿は とても象徴的で慎ましやかを超えたものを感じます。 そ...

Read More →
24. 10. 2006
裸足でターボ

裸足でターボ

誰もソレ見ませんという細部にこそ 男のコダワリってヤツの本質が秘められている気がします。 推測の域を出ませんがドライバーのパンツの素材はずばりシルク。

Read More →
19. 10. 2006
差込ニューカマー

差込ニューカマー

差し込みメニューにドドドと新メニューが出現しています! ファラフェル 850円 イスラエルのピタパンサンド。たっぷり野菜と豆から作るコロッケが入った 完全ベジタリアンサンドです。ゴマとヨーグルトのソースで召し上がってくだ...

Read More →
12. 10. 2006
ノイズロード

ノイズロード

ボアダムズ?!と突然声をかけられたのはウズベキスタン到着初日。 彼が真っ直ぐにこちらに駆け寄って来て突然の事。 新手のカツアゲかと身構えると、さらにメルツバウ、ヒジョウカイダン、メルトバナナ!と連呼。 ロシア語でもウズベ...

Read More →
10. 10. 2006
アイチューズドギー

アイチューズドギー

キルギス南部、フェルガナ盆地最大の街オシュの路上写真屋さん。 オプションを選択し思い出の一枚を撮ってもらうわけですが・・。 愛らしい御子息をオマセに乗車体験させたい気持ちはうっすらとわかりますが 妙に生々しいワンコとのツ...

Read More →