photograph

東異
八百万の森羅万象と僕の暮らす世界との間に生じる揺らぎ。
あるいは昨日までの日常を一瞬で覆すなにか。
理の異なる世界との特異点の正体を見極めたいと思い、東に旅を続けています。

南葬
台湾、フィリピン、ボルネオ、スラウェシ、ジャワ。
海を隔て、国境を隔て、それでもどこか繋がり続ける環太平洋の死生観。
人生のその先を見据えた、そんな生を全うする人々から学びたいと思い、南に旅を続けています。

西憑
インドの神々は人に宿る。ベンガル、カルナータカ、ケララ。
文字も言葉も、人種さえも違う国家において宿る神は同じなのか。人に人でないものが憑く時、信仰心を持たない僕が人間以上の存在を知り畏怖を感じる瞬間。
神々を前に謙虚さを取り戻したいと思い、西に旅を続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA