ついに彼女が動き出します!当店の看板娘であり最終兵器でもあるハマちゃん、旅のスケッチ展を開催!吉報です。
つい先日まで訪れていたキューバ、メキシコ。さらにはブータン、インド、韓国、そしてもちろんインドネシア。
彼女の今までの軌跡をなぞるような旅のスケッチを展示させてもらいます。
開始は3月7日から。ざっくり2週間を予定しています。
どこぞの夜、(12日?)にはマレーシア料理が飛び出すハマナイトも企画されているとかないとか。また詳細がわかり次第ご連絡させていただきます。
こちらはブータンですね。
最後に彼女のプロフィールとメッセージを。

旅のスケッチ展

(メキシコ、キューバ、韓国、ブータン、インド)

旅先でスケッチするのって少し勇気がいるんです。長くて一時間。じっと対象と向き合って描くんですから。
どうしようかなと迷いつつも「えいや‼」と描かずにはいられなかったキュンキュンする場所や物や人々たち。
のぞきこまれてはドキドキして、ぱっと見素通りされると、なにくそと腕を走らせて。話かけられても言葉がまったく分からなくて筆が止まってしまったり、もう心はブレブレです。
それでもその場で絵ができあがっていくにつれ、周りが笑顔になってくれることが嬉しくてやめられないんです。
そんな幸福な時が一枚一枚のスケッチにはあります。
素直な自分の姿がそこにはあります。

濱 美由紀
1982年生まれ。2007年多摩美術大学絵画科卒業。大学院に進むも夏に自主退学。その後、幼少期を過ごしたインドネシアのバリ国立芸術大学造形学科に留学。約3年間バリ島に滞在し、バリ各地の伝統絵画やバリ舞踊を学ぶ。今のところ旅をしながら絵本作家として活動中。トム&ジェリーわかったシリーズ4冊(河出書房新社)、たんけん絵本東京駅、たんけん絵本羽田空港を刊行(小学舘)。Point Weatherの従業員でもある。

展覧会経歴

個展
2006年「Ground Image」 Pepper’s Garelly (銀座)
2013年「I LOVE Munllae」 Cottonseed Garelly(韓国)

グループ展
2004年「relate」Forest Garelly(銀座)
2006年「今日はここで明日はあっちへ」鑓水美術館(多摩美術大学)
「アートバカンス」相模原市民ギャラリー(相模原)
「relate note」鑓水美術館(多摩美術大学)
2012年「Asian Style ⅩⅢ」Pepper’s Garelly(銀座)
2013年「J-ART3RD」Willamsburg Art & Historical Center (N.Y)

乞うご期待!
蛇足ですがインドネシア時代の作品を紹介させてもらった時の話も。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.