名称未設定-4152日本の夏を感じる、小さな旅に出ました。
川越、風鈴の音色に包まれた氷川神社へ。
名称未設定-4162知らぬ間に風鈴文化は再び市民権を得ていたのか。軽い渋滞ができるほどに境内の風鈴回廊はにぎにぎしておりました。
名称未設定-4164神が宿る大木
名称未設定-4174日本人と狐の関係は興味深いです。彼らはなぜ化けるのか。
聖なるものなのか、その逆なのか。いろいろ知りたい事はたくさんあります。
名称未設定-4178風が美しく、光もまた美しい。
名称未設定-4186空気の動きを可視化できるだけでなく、音楽として感じることができるなんて
名称未設定-4219だけれども、形はないけど気配はあるもの、そういった揺らぎのようなものについて考えてしまう音色でもあるのかもしれません
名称未設定-4213美しさにも、そして時に怪しさにも。
僕は風が鳴らす鈴の音が大好きです。
名称未設定-4402川越からさらに北東へ。久喜の街に提燈祭り、天王様を見物に訪れました。
風鈴から提灯へ。風から灯火へ。
名称未設定-4228駅前のロータリーでは獅子舞が。
僕はもう本当に獅子舞が大好きでして。頭がっつり噛まれたい衝動にいつだって駆られます。
名称未設定-4247獅子ってそもそもライオンなんでしょうか。室町時代の人ライオン知っているんでしょうか。僕の知る限りインドくらいまで行かないとライオンっていないと思っているのですが、中華街の正月や、インドネシアのバロンダンスなど意外とアジアの各地で獅子の姿を目にします。麒麟もまた然り。

情報や噂が人から人に、海をも越え、東へ東へ伝わっていく過程で野獣に神性が宿ったのだとしたら、それはとても興味深いことです。
例えばインターネットで世界が繋がったとされる今、こう言った聖なるものはもう生まれることはないのでしょうか。あるいは実態のない噂だけが世界を巡るこんな時代だからこそ怪物はいつの間にか生まれてしまうものなのでしょうか。
名称未設定-4439月は満ちて。今宵の夜に闇の入り込む余地はありません。

名称未設定-4274人の海の中に浮かび上がる提灯の塔。祭りに宿る高揚感。夏!
名称未設定-4336それにしてもものすごい迫力です。本物のろうそくで灯った提灯を揺らめかせながら細い商店街を煽るように照らして。
名称未設定-4282地域ごとに異なる提灯。山車同士がぶつかり合う時の張り詰めた空気がこの祭りの醍醐味の一つなのかもしれません。
名称未設定-4299刻むビートもかなりアグレッシブに。戦国時代突入。
名称未設定-4343火の塔は止まらない
名称未設定-4347一番驚いたのはものすごい勢いで山車が回転する瞬間。
雷鳴のような音を轟かせあっという間に90度、180度。
名称未設定-4363そして外壁を顔色一つ変えずによじ登る若い衆。

名称未設定-4396老いも若きも男も女も。
名称未設定-4437月と、風と火に恵まれた一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.