名称未設定-4033プシュカルの夜は最初、あるいは隣の部屋からの音漏れかと思っていました。
気にも留めなかったその音量が、徐々に、徐々に穏やかではない大きさに、しまいには宿の窓がビリビリ揺れるほどの大波。
何事?!と通りに出ると呆れるほどのハイテンションで演奏を奏でるバンドと灯りを持った女性。それに踊り狂う若者と好奇心そのものという顔をして行列を追いかける子供が群れとなって行進していました。
マーチの中にはひときわ目立つ白馬の王子。比喩ではなく本当に白馬に乗っておられます。おそらくは結婚式か。

すぐに沸点を迎えてしまう僕の興奮リミッターはいきなり絶頂に。
飛び入り、それも唯一の外国人がカメラ片手にタコ踊りをして許されるインドのお祝い事が大好きです。
名称未設定-4030夜を揺らすバンドの影。
名称未設定-4044ひときわキレ味鋭かったキッズ。
名称未設定-10虹色の中で交差した。
名称未設定-4048突如ヴェーダの世界から滲み出してきたような光の行列。
名称未設定-4051灯火をさせる女達。

名称未設定-4053

名称未設定-4058-2一布二人。効率のいい梱包に癒されました。
名称未設定-4060どこぞの御曹司、あるいはひょっとすると王子様かもしれません。
マハーラジャの影響がまだまだ色濃い大地の夜の宴。
名称未設定-09羨望と、そしてほんの少し諦めが混じったような視線が印象的でした。
名称未設定-4068

名称未設定-4073

名称未設定-4080

名称未設定-4085露骨にハイカーストなお坊ちゃん達も踊ってしまえば同じ命なのか。
名称未設定-4114インドギャル。正直可愛かったです。
名称未設定-4100僕も久しぶりに跳ね回って笑いまくって。
おそらくはヴェーダの頃、神話と現実の境界線が曖昧な頃から人々は本能で踊り喜びを表していたのではないでしょうか。
その頃から人には身分や裕福はすでに存在していたのか。
あるいは各自が一匹の動物として好きな時に好きな人と好きなように踊れたのか。
名称未設定-4128そんなことを思って踊っているうちに、いつの間にか我々は会場に。
まだまだ、おそらくは夜が明けるまで宴は続くのでしょう。
一生忘れられない夜になるといいですね。
末長い幸せを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.