yoshitake02お知らせが遅れてしまいましたが明日19日より写真家、吉竹めぐみさんのシリアで暮らすベドウィンの写真の展示をさせていただくことになりました!
yoshitake0117年間にわたりシリアで暮らす遊牧民族、ベドウィンの暮らしを追い続けている吉竹めぐみさんの作品。
ニュースで伝わってくる瓦礫や硝煙の国ではなく、羊とオリーブと、そして家族とつつましやかに流れるように暮らす人々の日常を知って頂ければ幸いです。

遠い国の争い事としてではなく、欧州で大きな議論を呼んでいる難民問題、国際化するテロ、そして自衛権について改めて考えるきっかけになれればと思います。
どれだけ国土が離れていても大切な事は同じなのだと、改めて感じさせてくれる作品、是非遊びにいらして下さい!
あ、会期は10月の2日までです!
yoshitake04吉竹めぐみ
写真家
1965年東京生まれ
東京写真専門学校報道科卒業
講談社「現代」編集部を経てフリーランスへ
現在雑誌を中心に多岐の分野で活躍中

15歳の時にアラブ世界・砂漠に魅せられ、それらを表現するために写真の道を選ぶ。
1987年、初めてシリアに行き、ライフワークであるアラブ世界の撮影を始める。
特に1995年からシリアのベドウィンを17年間撮影し続けており、世界で唯一である(因みに当初独身でしたが、新婚旅行でベドウィンの家族の元へ行き、子どもが出来てからは1歳の時からずっと同行させています(>_<))

(社)日本写真家協会(JPS)会員
 シリア写真家協会名誉会員
(社)日本外国特派員協会(FCCJ)会員

1995年 写真展「ベドウィン」をミノルタフォトスペース東京・大阪にて開催
・2008年 写真展「BEDOUIN ーA Simple Life A Traditional Life A Peaceful Life」を日本外国特派員協会にて開催
・2009年 写真展「遊牧の民ベドウィンーシリア沙漠に生きてー」を古代オリエント博物館にて開催
・2010年 写真展「遊牧の民ベドウィンーシリア沙漠に生きてー」を岡山市立オリエント美術館にて開催
・2015年 写真展「ARAB シリア沙漠のベドウィン 家族の物語」を横浜ユーラシア文化館にて開催 ・その他グループ展多数開催
・2014年 作品集「 ARAB  Bedouin of the Syrian Desert: Story of a Family」をイタリアSKIRA社より英語版で刊行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.