くすぶるアウトドア熱が、一気に沸点を記録するシーズン、秋。
そんなタイミングに友人の口から突如ダッチオーブンを所持しているとの話が飛び出たのです。
この好機、飛び出さないわけにはいかないです。
とにかくその鉄鍋でぐつぐつしたい。
そんな無邪気な野望だけを胸に秘めたビギナー4人で鉄鍋会を結成。
行ってみました道志の森キャンプ場。
tetu01.jpg
ところでこのダッチオーブン。具をずいずい詰め込んで炭火に突っ込む。
それだけで極上の料理がポンっとできあがるとの前情報。
おいおい・・料理ってのを甘く見すぎなんじゃありませんこと?
正直こげちゃったけど、外で食べるからなんでも美味しい!てな話になると思っていたら。
tetu03.jpg
超ふっくら。
奇跡認定。俺完敗。
同時進行した蒸し器を利用した燻製もホッペ落ちの美味。
さらにはBBQまでも平行し、謝肉祭の様相に。
tetu04.jpg
実はこの日楽しみにしていたことがもう一つありました。
スラックライン、即ち綱渡りです。
なんでもロッククライミングの練習から派生した遊びらしいのですが、これがすこぶるファンキー!
tetu05.jpg
膨らみきったお腹のせいなのか、あるいは昔からのゼロバランスだったのか、とにかくぶるぶる揺れてはポヨーンと落下の繰り返しなのですが、極まれに、お?おおおぉ?!って歩みが進む、あるいは進みそうな時があって、それがたまらなくとまらなく、我々は綱を延々渡り続けるのであります。
アウトドアの道具なんてとにかく何も無く、お茶の間にあるようなちゃぶ台を中心に、とにかく家にあるもので構成された我らの装備。
明らかに異彩を放ちすぎて少し照れくさいのですが、一周して家系としての新ジャンルをアウトドア業界に確立と言えない事も無いと開き直る素人衆4人。
とにかく美味しく楽しく充実した秋の日でありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.