カメラのシャッターを切る瞬間の、ある種のカタルシスを覚えるあの感覚は人の心をを虜にいたします。
パシャパシャ乱れ撃ちもまた爽快感ありますが、シャッタースピード限りなく遅くした時のパッシャン・・。
という緊張感漂う間が好きです。
そんな線香花火やししおどしに通ずるワビサビ感のあるスローシャッターによる長時間露光ですが
夜の車内とかでヒマツブシも兼ねて友人にレンズを向けてみました。
meganehikaru04.jpg
すると車内がなんだか少しだけワンダーランドに。
meganehikaru01.jpg
自分のメガネもビーム放つ寸前といった感じです。
meganehikaru02.jpg
車窓にも怪しい気配が。京都のハイウェイに一反木綿現る。
meganehikaru03.jpg
なんとなくデビッドリンチっぽいような、ないような、追っ手の灯。
meganehikaru05.jpg
気がつくと友人は光の国へ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.