モロフェス、グナワという光悦

On 2009年7月6日 by pointweather

偶然にもモロッコ滞在中にグナワフェスティバルという、いわば民族音楽の祭典を訪れることができました。
古くは精霊に取り付かれた人との対話から始まったとされるグナワという音楽。
ルーツにはスーフィーという神秘主義の流れを汲む古い音楽ですが、
レッドツェッペリン、あるいはジミヘンなどのアーティストにがっつり影響を与えたことから、
世界中からヒッピーやパーティー好きがフェスに向けて集結。
さらにはお祭り好きの地元の若者、グナワ一筋のおっちゃんなどなど、老若男女が交じり合いエラい事に。
自分もほんのわずかな滞在しか適いませんでしたがガッツリ踊ってまいりました。
gunawa01.jpg
会場は風の街、あるいは芸術の街と称されるエッサウィラ。
かもめと漁師と白い壁。しかも世界遺産。
そんなのどかな港町がはっちゃけます。
gunawa03.jpg
メイン会場でのライブも熱いのですが、いたるところで地元のお兄ちゃんが演奏する感じがなんともゆるくて最高なことに。
踊るもヨシ、己の内に入り込むもまたヨシです。
gunawa02.jpg
ゲンブリというこの楽器が弾く低音がぶっとくてたまりませんのです。
このベース音にシャカシャカなる鉄のカスタネットみたいなのがからんでなんともトランシーな仕上がりに。
gunawa04.jpg
それにしても、どうにもファンキーな輩ばかりで嬉しくなります。
この日の為に大切に育てたんですよと言わんばかりのアフロ、ドレッドがわんさか狂い咲き。
gunawa05.jpg
今も昔も変わらぬ音楽による高揚感。
感情を音に乗せ、さらに先へ、さらに高みへ。

8 Responses to “モロフェス、グナワという光悦”

  • やまちゃむ

    おお、写真が更新されてる!
    ドレッド…僕が初めてテラさんに会った時の髪型やないですか。
    その時の印象が強すぎるから、今、ふと思い出そうとしても常にドレッドなテラさんしか脳裏に浮かばない(笑)
    僕はこういうフェスには参加したことないので、その場にいたとしてもなんとなく取り残されそうな気がしますが…ゲンブリという楽器の音は聞いてみたくなったよ☆

  • pointweather

    おぉ、懐かしいですね。
    確かに当時にっちもさっちもいかない風貌でございました。
    とはいえ今も相変わらずもっさりしておりますが・・。
    フェスは音楽に合わせてゆらゆら、これでバッチリですよ。
    ゆらゆらがゆらんゆらんになってブンブンになる寸法です!

  • 私はあなたについてのこの記事を書くに入れてすべての努力に感謝 pointweather blog: ?????????????? . 私は私のクライアントのいくつかはそれは面白いかもしれないと思うように私は私のウェブサイトにあなたのブログにバックリンクバックを投稿します。

  • pointweather blog: ?????????????? 私が探していたものです。情報をありがとうございました。

  • 私はあなたが本当に私の主題を理解する助けと言いたい pointweather blog: ??????????????

  • 投稿素晴らしいありがとう!私は確かにそれを読んで楽しんで、あなたは素晴らしいauthor.Iあなたのブログをブックマークすると確かにいつか戻って来ると確信してなりますです。私は、1つは、あなたの偉大な投稿を続けて良い一日を過ごすことを奨励したい!

  • 私はあなたが使用しているもののブログプラットフォームを見つけるために好奇心?私は私の最新のブログでいくつかの小さなセキュリティ問題を抱えていると私はもっと保護さ何かを見つけたいと思います。あなたは、どのソリューションをお持ちですか?

  • 優れたポストが、私はこのテーマに多くのリッテを書くことができるかどうか知りたいと思ったのですか?あなたはもう少し詳しく説明することができれば私は非常に感謝したい。ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.