来週7日より、仲良くしてもらってる作家さんの黒部玲奈さんの作品を展示させてもらうことになりました。

週末になるとカフェで静かにお茶を飲んでらっしゃる姿が印象的な黒部さんことクロちゃん。
どこか控え目な方かと思いきや、お話しさせてもらうと好奇心の固まりのような語り口と信念を感じる瞳が印象的な方でした。

そんなクロちゃんがこの度、遠方に引っ越してしまうことになりました。
本当に横浜や湘南の海が好きだったようで、いつも人が増える前にと、早朝から出かけ潮騒の景色を写真に撮っていると話を聞いたことがあります。
海は彼女にとって、これまで過ごしてきた時間の象徴なのかもしれません。
押しては引く波と共に刻んできた時間がどういったものだったのか、写真を拝見させてもらう時が僕も楽しみです。

以下ステイトメントとプロフィールになります。

誰にでも一つや二つはある、心地よいと感じる場所。

時とともに、景色も、そこにいる人も変わっていきますが、その土地の持つ空気のようなものは、不思議と変わらないものです。

その空気を心地よいと感じる自分も、きっと変わらぬまま。
そして、その場所を好きだと語ることは、そこで過ごした自分の人生を肯定することなのだと思います。

写真たちに、ゆかりある場所の記憶を重ね、すこし切なくもあたたかい気持ちになってくださる方がいたら、嬉しく思います。

黒部玲奈

1991年生まれ。横浜市出身。
大学で地方自治学を学んだのち、会社員として働きながら、2017年にカメラと出会う。
日常の風景や、旅先の景色を主に撮る。
趣味は、旅と読書と野球観戦。

Rena Kurobe

Born in Yokohama, Japan in 1991.
Studied tourism at Keio University. Began working as an amateur photographer in 2017. Especially taking landscapes and snaps.
Also interested in travel, reading, and baseball games.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.