5月。一年で一番好きな月。誕生月でもあります。アイラブ春。そんなわけで楽しみにしてたtera coffeeさんのカレンダーを改めて紹介。
豆のブレンドと焙煎をお願いしているイカしたお店なのです。
2019、tera coffeeさんのコーヒー豆を使っているお店を題材に作られたカレンダー。5月もほぼほぼ終わりに近づき、暑さも完全に夏のそれになった今、あえて振り返ろうと思います。
爽やかな月なのにほのかに漂うハロウィン感はなぜなのでしょうか笑。
畳の奥から現れる影法師のような店長。
5月が終わっても心の中で宝物にします。
こちらも以前ご紹介させてもらったのですが和綴じを中心とした製本のワークショップ、無事に完了しました。
ノート、写真集、そして俳句集と様々な紙を使った作品が勢ぞろいしました。
スタッフ西川も感無量のようでした。。燃え尽きたようで灰になっていました。

第2回も早くもリクエストがあったようで徐々にその日を目指して師範代自ら特訓の毎日のようです。
ただ本を綴じるだけでなく、こんな風にしたいとか、妄想をそのまま持ってきて、そこから形にする話とかもウェルカムのようでした。巻物、屏風、飛び出す絵本とかいいんじゃないでしょうか。だめでしょうか。
僕も今、夢とそして父親の思い出を絡めた本を作ろうと色々相談中なのです。乞うご期待!
そして最後に嬉しいお知らせ!
お世話になっている亀山さんにローライフレックスでポートレートを撮っていただきました!大変嬉しい!、しかしこっぱずかしいずら。。
亀山さんはただいま増上寺で行なわれているミャンマー祭でも写真の展示を行なわれています。
丁寧に空間を切り取り、自身で現像しプリントするその手作業は数字と数式で構成されたデジタルとは根本的に違い職人芸。手間暇かかるそのプロセス自体に何かが宿る気がします。その言葉にしにくい何かを大切にすること。
写真には写らない美しさを写す技術。
こちらも宝物とさせていただきます。ありがたや。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.