tibet先日夕方にお休み頂いて行ってきました六本木。
zen foto galleryで行われている有元伸也さんのTIBET。
プリントを見るだけでも鳥肌がおっ立つのですが、インターネット以前の旅の頃の話を憧れの人とゆっくり話せたことは、僕にとって人生の宝と言っても過言ではないのです。
ヒッチハイクで行くカイラス。巡礼者で渦を巻くバルコル。
それは我が青春。そして今。

チベットと新宿。対極の世界のそれぞれの孤独と異形、眼力。そしてそれと向き合った上で押すシャッター。
偶然フォトジェニックな人やタイミングに居合わせることは誰にでもあるかもしれません。しかしその一枚に魂を宿すのは作家さんが持つ人間力。魅力を放ち続けるその人の哲学や魂を知りたいから写真に惹かれているのだなと改めて思う時間でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.