toritabi
先日お店で撮り旅出演の皆さんによる持ち寄りお疲れ様パーティーが開催されました!
写真には鮫島亜希子さん、吉田友和さん、藤木ケンタさん、竹沢うるまさん、中田浩さん、そして今回の本を企画、編集して下さった山本高樹さん。
旅する凄腕編集者カジさんやヒゲメガネ店長の姿もちらほら。
うかれすぎて写真には収め損なってしまいましたが、三井昌志さん、旅音ファミリー、新山夫婦、そして編集や出版を支えてくれた皆さん、気のおけない旅のアミーゴ達も参加していただきました。
持ち寄りということでラープやビリヤニといった手作りの世界の美食も集合!
それぞれが強烈な個性と魅力に満ちた皆さん、国旗カルタ大会から世界の果てまで、好奇心は尽きることなく、より一層遠く、そして深く旅をしたいと思える素敵な宴となりました。

唯一つ残念で悲しい知らせが。
撮り旅、巻末で旅の本のコラムを書いてくださった代官山蔦屋のコンシェルジュ、森本剛史さんが先日他界されました。
昨年だったでしょうか。こちらの一方的な好奇心で突然話しかけた自分に対して、お仕事中にも関わらず、旅が好きなんだね、僕もだよ、と友人のように応えて下さったこと、若造で規模も遥か小さなカフェを経営してる自分に、お店やってるならいつか一緒に面白い事やろうよと応えてくれたこと、本当に嬉しかったです。
時間は無限ではないのに、いつかいつかと思いきっかけを待ち続けてぼんやりしてしまった自分。旅人、そして人間としても本当に尊敬していた森本さんとゆっくりお酒が飲めなかったことだけがこの日唯一の心残りになりました。

時間があるときは書を読もうと改めて思いました。その先にある未だ見ぬ新しい世界への足掛かりを知るために。森本さんの旅した軌跡を知るために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.