台湾の泡05 阿里山高山茶とパンチ道士

On 2019年2月24日 by pointweather

烏龍茶01台湾最終日、高雄から早朝中華航空で出勤の金曜日でしたが、魂と骨の髄に響く4時起床。
にも関わらず、前夜、早寝を心がけることもせず、ガッツリ最後の晩餐を謳歌するため高雄の夜市を彷徨うのでありました。
そんな折に出会ったお茶屋さん。最初は興味本位でしたが、徐々に本気。
試飲をガッツリしているうちに出会いました。
風を感じるような清涼感。
一呑惚れの阿里山高山茶。お店でもお出しさせてもらいます。
差し湯もオッケー。
これまた新入りの器と共に。
阿里山高山茶
人形01もう一つ土産物が。。
これも最終日に立ち寄った古都、鹿港。
そこで偶然通りすがった昔ながらの遊具屋。氣というのでしょうか、闘志に満ちた視線を感じ足が止まります。
そこで交差する視線と拳。
店員さんもマジでそれ買うんか。。と苦笑いでしたが、お店の片隅で見かけたらジャブ、アッパーからデンプシーロールまで色々試してみてください。
人形02
人形03帰国日に間に合った友人の送別会でも早速のいじってもらいました。世界チャンプかのように使いこなす友人がいて笑います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.