黄昏れ時の風景へ

On 2018年11月24日 by pointweather

少し報告が遅くなりましたが、tobbyさんの作品展、情の欠辺無事に完結いたしました。
一週間あっという間の時間でしたが、写真が多いお店の展示の中でのドローイング。すごく大きな存在感、そして凄み。漂う気配や存在感の形。いろいろ勉強になりました。
それにしても我々は兄弟なのか。ちなみに家も近くでした笑。
12月2日までは山本高樹さんのタイの黄昏れ時の展示が続いています。設営には著名な山岳写真家でもある庄司さんをはじめたくさんの方が手伝いに訪れてくれました。
緊張を伴いながらも、すごく楽しい時間!

ラダック会(?)の忘年会的な集いも。
作家夫婦、旅音JR.ブンちゃん。ヒマラヤを彷彿とさせる天を突くピースサイン。チェコのドクロ教会から横須賀線トトロまで。話題と笑顔の尽きない良き集まりでした。
年末年始はこう言った集いも増えてくると思います。ご興味のある方はぜひ。
そして作家さんは来週木曜日にまた在廊予定とのことでした。
ぜひ遊びに来てやってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.