日々の泡。お客さんがドラマチック

On 2018年9月19日 by pointweather

営業、あるいはそれ以外の時間で起きた、割としょうもないけど妙に刺激的だったり愛おしいなと思った出来事を徒然と。九月は月曜祝日が多いこともあり、最近不規則営業が多いです。ご迷惑をおかけして申し訳ないです。。

ありえない話ではありますが、割と翌日の営業をその日に考えてしまったりしていけません。
先日もお電話で、明日営業していますかと聞かれ、つい口が滑ってランチは営業しています。元気だったら。。と答えてしまいました。8連勤だか9連勤だかで脳みそ沸いていたのでしょうか。粗相の極み。
そしたら電話のお客さんが、そうですか。元気出るといいですねと言ってくださりびっくり。
は??ナメてるんですか?と怒られて当然と思っていました。
僕もつい、優しいんですね。。。と答えてしまい、気まずい沈黙が少々。頬が染まります。
しかし恋とかこういうところから生まれるのかなというやりとりでした。
電話のお客さん男性でしたが。。
それにしてもお客さんから元気をもらうこと多いです。
疲れた日にやってきてくれたイギリス出身のお客さん。いつもファンキーなTシャツを着こなして和ませてくれるのですが、この日はもう本当に強烈で。
肉球からの怪光線。アポカリプスnow。
本当におしゃれでカッコよく、そして少し少し不思議なキャラにいつも癒されております。癒された、あるいはぶったまげたお客さんでもう一つ。
いきなり、本当にいきなり中学生の同級生が5人やってきてくれました。
割と高校時代以降の友人は同窓会やらなんやらで会ったりもしていたのですが、中学は本当にヤバいです。30年ぶりとかそういう次元です。
けど不思議なもので、些細なエピソード、誰々の家で初めて信長の野望やったとか、本当にどうでもいいけれど、僕にとっては代えのきかない、本当に奇跡のような記憶がそれぞれに残っていて。
側から見たらただのおっさんの集団ですが、僕は密かに胸がキュンとしていたのでありました。
そして最後になりましたが、ありがたいことに仲良くしてもらっている友人でありお客さんから、グァテマラ土産にサンシモン像いただきました。グラッシャス。
中米のヤニ吸う神。僕が会った神はテンガロンハットにグラサンかけた姿でした。デビッドリンチの映画に出てきそうなヤバいカウボーイのそれです。
主にお土産で構成されているスピリチュアルな一団に仲間入りさせていただきました。
ご自宅にどうしてこれを買ってしまったのだろうという。。という怪しげな置物、ありましたら是非。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.