17年ぶりのポルトガル

On 2018年1月31日 by pointweather

昨日はなんと18年前にポルトガル、そしてスペインで会いましたよね、というお客さんが!
淡い淡い記憶を辿っていくと。。確かに!!リスボンでお会いして、そしてその後マドリッド、トレドで再開しておりました。
名古屋に住んでいるお客さん、偶然仕事でこちらに来ていたようで。しかも偶然当時の写真をデータ化しようかと思い、選別のため持ってきている偶然。いやー、驚いた。
なんとも嬉しい再会でした!
面影あり!記憶にあり!
2001年ポルトガルの旅。
トラムが渋い街、リスボン。ブラジルから飛んできたのでその温度差に驚いたこと覚えています。オブリガード。
なんだったのか覚えていないタワー
今見返しても結構好きな写真。16時51分のファド。
シントラの城門。だったような、違うような。
よく言えばガウディ、悪く言えば珍スポ。そんなイカれちまったお城。
大航海時代オタクの僕にとってこの場に立つだけで来た価値あり。感無量のエンリケ航海王子。しかし今思えば、歴史規模で考えると暗い時代の始まりでもあるのかもしれません。
こちらが再会を果たしたスペインのトレド。すごい雰囲気のある旧市街だった記憶あり。
エヴォラのカタコンベ。
どこでどう間違えたのかこの辺から東に向かうバスが取れなくて歩いてスペインに向かった謎の思い出が。
なぜ戻らなかったのか。なぜ待たなかったのか。
覚えているのは高速道路を歩いていたらパトカー乗った警察に歩いてんじゃねー!と怒られ、防音の壁みたいなのよじ登らせられ強制退去の憂き目を食らった苦い思い出。
世界遺産の城とか教会忘れてもこういう塩味濃い思い出だけはずっと鮮明にイキイキと生き続けるのはなんとも皮肉で面白いものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA