coincidence07 旅人は西を目指す

On 2017年10月19日 by pointweather

旅人は西を目指す。
僭越ながら、自分が決めさせてもらったお題を参加する写真家に解釈してもらい展示してもらうcoincidence展。7回目となかった今回は西域シルクロード。
古来より絹、対価としての金、あらゆる富と文化が交差し混じり合う、東西の中心。
栄華を極め、やがて時代は変わり、今。
民族、宗教、文化、伝統。複雑に入り組む国境を越えて西を目指した旅人達の軌跡を集めた展示。僕も今から楽しみです!
以下五十音順にご紹介させてもらいます。


大村 祐大
1988年、青森県生まれ。
筑波大学体育専門学群卒業、東北大学大学院修了。その後、官公庁にて勤務。
 就職前の2015年、インドシナ半島一周への旅を機に写真に取り組み始め、本年より本格的に作品作成を開始。ジャンルはドキュメンタリー。
 現在、「意識しなければ見過ごされてしまうもの」「誰かが記録しなければすぐに忘れ去られるであろうもの」を集中的に撮影し、作品作りに励む。このような目立たないものをすくい取るようにしながら今の時代を記録したい。


鈴村 雄誠 
 1989年、愛知県出身。神奈川県在住。
同志社大学卒業、東京工業大学大学院修了。その後、大手機械メーカーにて勤務。
大学時代より旅を重ね、早10年。学生時代の旅の最後、アメリカ合衆国横断で訪れたグランドキャニオンの夕暮れの美しさに言葉を失い、物事のあるがままの表情を写し取りたいと思ったことがきっかけで一眼レフを手にする。そこから写真の奥深い表現手段に取り憑かれ作品制作を続けている。
撮影ジャンルは風景写真とドキュメンタリー写真。今の時代にしか撮れない、忘れ去られゆく民族、風景、文化、慣習を集中的に取材し、自分の目で見たあるがままの姿を作品として収め、後世に世界の美しさを伝えたい。
http://yuseisuzumura.com/


山下 裕 Yamashita Yu
1988年東京都生まれ。2011年に1ヶ月間滞在したネパール山岳地でチベット文化に魅せられる。チベット文化圏(青海省、四川省、甘粛省、インド等)を繰り返し訪れる中で、旅写真の面白さを知る。現在はアジアの環境汚染、労働をテーマに撮影をしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA