旭山にて昇天

On 2014年8月27日 by pointweather

asahiyama14最南端を目指すはずだった今回の夏旅。
ミーハーかもしれませんが譲れない‥と心に決めていたのが美ら海水族館。生まれ変われるならジンベイザメと思っていたあの頃。
そして二転三転。台風の影響で急きょ決まった北への旅。
波照間からの宗谷岬。ならばジンベイ転生の想いを受け止めてくれと北の聖地,旭山動物園へ!
結果大正解。ゴージャスな展示施設や奇獣珍獣で溢れかえるわけではなく人間と動物の程よい距離感と愛情。いい意味で手作り感のある素敵な空間づくり。
シロクマ君も夏バテ知らずです。

asahiyama02対照的にまったりしきっていたアライグマ。メルティーな表情が愛らしいのです。

asahiyama03一方、ドヤ顔のシカ。

asahiyama05なぜか少しだけ苦手なアニマル。チンパンジー。不気味の谷ではないですが、自分にとって彼等はあまりに似すぎていて。
ホイットマンが吟じたような野生のイノセント以上の、知恵の恐ろしさをたまに感じることがあります。
鏡を突き付けられた感覚に近いのでしょうか。

asahiyama06こちらの考えを悟られて中指突きつけられたかと思い愕然としました。

asahiyama07悟り獣、カピバラに癒されて。

asahiyama09カバもまた悟り。

asahiyama10実は今か今かと心待ちにしていたペンギンパレード。勇気を振り絞ってそろそろ出発しませんか?と係りの人に聞くと、冬、それも降雪時のみのマーチとのこと。
確かにここは北海道とはいえ彼らに負荷をかけてはいけません。
厳冬期、白い大地でまた会いましょう。

asahiyama12アザラシ昇天。
流氷の下、差し込む光がオーロラの様に舞うコバルトブルーの海で彼等に出会うことができたら。。
それはきっと天国に限りなく近い光景のはずです。

asahiyama13お金をかけて珍しい、いわゆるレアとされている動物を買い漁るのではなく一匹一匹に愛情を注ぐことの大切さ。これは動物園に限った事でなく、自分自身の生活についても言える事だと思います。色々と感銘を受けました。

asahiyama11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.