標高、かなり高い系

On 2017年5月5日 by pointweather

少しご報告が遅くなってしまいましたが、先週の日曜日に開催されたラダック料理の会、無事に終了いたしました!
お品書きはモクモク、トゥクパ、ダシィール、ペマール、そしてチャイ。
モクモクはモモ、トゥクパはテントゥク、ペマールはツァンパ。地域によって名は違えどもチベット文化圏を訪れたことのある方なら一度は食べたであろう懐かしい味がずらっと勢ぞろいの一夜でした。個人的にハマったのはトゥクパ。隠し味に入っていたチュルペと呼ばれるドライチーズが美味。モモも含め、ノンベジとベジを作る姿勢にも感銘を受けました。
スカルマさんのお話、スライドも興味深く、ついつい仕事を忘れて聴き入ってしまいました。。
皆で作り、皆で食べ、皆で考え、皆で語る。色々な方とお話ができて僕は幸せです。

とはいえ、準備がぎりぎりになってしまったり、諸々、段取り不足感も正直あったりして。反省点も多々。。
また形を変え、より洗練した形でラダックの素晴らしさ、そしてそこから発信される新しい教育の形について、少しでもお店を通して発信できればと思います。
ジュレラダックの皆さん、ボランティアの皆さん、来ていただいた皆さん、そしてスカルマさん。本当にありがとうございました。

少し当日の様子をパパパッと掲載させていただきます。
写真は僕以外にも現在ベナレスの写真を展示中の矢萩君、いつも素敵なご縁を運んできてくれえる旅するデザイナー寺井さんにも撮ってもらいました。ジュレー!
この3段蒸し器でがっつりモモを蒸します。途中で三段目と一番上を交換するのがポイント。ひっつかないように油も敷きます。
こちらスカルマ代表。日頃、商いとしている我々も驚く手際の良さ。いい笑顔です。包んで包んで。。
ちぎってちぎって。。
トゥクパの麺(?)と色鮮やかなイエローモモ。
こちらがツァンパ。昔チベットで食べた時は正直苦手かなと思ったのですが美味しい!スィートなお団子でございます。
トゥクパの麺はこんな感じ。なんだかかわいらしいミニ座布団スタイル。
一同でこねる。
スライド投影風景。雑務に追われゆっくり見れなかったことが心残りっす。
モモ完成!
トゥクパ完成!
高山病にでもかかったのか、泳ぐ視線と次々に蒸しあがるモモ。
食べる人々。
語る代表。
会の後も語らいは続く。オーパーツ、古代文明からボン教、チベット空中歩行までサブカルスロットル全開。大好物。満たされました。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA