27. 07. 2009

潤うことなど考えもしなかった砂男の夢の話

前にも書きましたが、雨降ったんです。しかもドシャ。 おまけに雷轟くし、砂嵐吹き荒れるわで天変地異さながらだったサハラ砂漠。 満天の星空、燃えるような夕日は残念ながらオアズケです。 しかし人間、悪天候も度を越すとなにか原始...

Read More →
21. 07. 2009

猫景5

犬:猫。 なんら根拠のない数値で恐縮ですが、日本における彼らのパーセンテージは6:4。 若干、ワンコのリードといった所ではないでしょうか。ちがってたらごめんなさい。 しかし所変わればその比率も変動。 チュニジアでの割合、...

Read More →
12. 07. 2009

イーストエンド、ウェストエンド 

変わらない荒野が続く車窓をぼんやり眺めるうちにウタタネ。 無生産、無能率。 ゆるみきった脳波で様々なことをぽやーんと思い、ぽやーん忘れていく。 時間のかかるバス、列車での移動を何故に懲りずに選択し続けるのか。 そんな捨て...

Read More →
06. 07. 2009

モロフェス、グナワという光悦

偶然にもモロッコ滞在中にグナワフェスティバルという、いわば民族音楽の祭典を訪れることができました。 古くは精霊に取り付かれた人との対話から始まったとされるグナワという音楽。 ルーツにはスーフィーという神秘主義の流れを汲む...

Read More →
01. 07. 2009

チュニジアへ、モロッコへ

ところで私、二週間程お休みをいただきチュニジアとモロッコを旅してきました。 スリランカ以来実に二年ぶりの海外、完全な一人旅としては実に7,8年ぶりであり、 それはもうどきんどきんと緊張する旅立ち前夜。 しかしやはりイイん...

Read More →