07. 10. 2016

選択肢はいつも赤

ただいま横浜は神奈川芸術劇場で行なわれている塩田千春さんの展示、鍵のかかった部屋に行ってきました。 越後妻有や各地の芸術祭でその作品を見ることは多かったのですが、単独の展示はこれが初めて、しかも地元横浜での開催ということ...

Read More →
11. 09. 2016

1966年、ブラジル。そしてキジムナー。

最初にお会いした時は何の時だったでしょうか。 友人の奥様がイラストレーターでそのお父さん。あるいはお仕事させていただいていた職場の先輩の旦那さんの先輩。 そんな不思議なご縁をきっかけに仲良くしてもらっている山口巧さんの個...

Read More →
05. 09. 2016

月夜と極彩色の影

いささか唐突ですが、影絵、お好きでしょうか。 僕はもう居ても立っても居られないくらい大好きでして、今回インドネシアを再び旅をするきっかけの一つが、古典を演じる影絵の伝統芸能、ワヤンクリをもう一度見たいと思いたったことでし...

Read More →
24. 06. 2016

南からの環

お店の壁に飾ってあった写真を一新。 まずはインドネシア、そして徐々に日本から南に広がっていく島々の隣国達の写真を展示させてもらおうと思っています。 沖縄、台湾、フィリピン、ボルネオ、インドネシア。 島から島へ。隣の島とは...

Read More →
18. 05. 2016

recollection04 東京シビレキノコ

ゾンビに続いての痺れきのこです。 虹色に発色したきのこをうっかり手に取り、謎めいた胞子を吸引してしまったあの日をきっかけに、勝手知ったるはずのキャピトルがどこかいつもと様子が違う。 てなことはもちろんないのですが、散歩途...

Read More →
16. 05. 2016

recollection03 東京ゾンビ

またまた懐かしいところから引っ張ってまいりました。何年か前の六本木アートナイトですね。 例年春に行われていたこのイベント、今年からは何やら秋の開催のようですが、普段あまり縁の無いこの夜の街をお祭り感覚で色々探索できるのは...

Read More →
30. 04. 2016

篁の狂言

先日お休みをいただいて、今年もまたkyotographieという写真のイベントに行ってきました。 いわゆる芸術祭のように、複数の会場で場所の趣を生かした展示が繰り広げられているのですが、今年もまた胸が一杯になるような深い...

Read More →
23. 04. 2016

ネモフィラの丘、あるいは黄泉比良坂

神奈川から見て関東平野の言わば対極に位置する茨城県の国営ひたち海浜公園。 そうなんです。ネモフィラ。お花畑を見に、はるばる3時間近く車を走らせやってきました。 それにしても首都高で分岐間違えるのは、デフォルトというか、毎...

Read More →
21. 04. 2016

recollection01 建築家の思い出

ふと昔のアルバム、あるいはハードディスクの画像整理しようなんて思うと、こりゃまた懐かしい!と一瞬にして追憶の迷宮に迷い込んでしまうことあると思います。 facebookやインスタの肥やしになってそのままの写真。あるいは紹...

Read More →
14. 04. 2016

麓から変えていこう MMF、そしてphysis

先日の御柱祭の帰りに長野県は富士見町に寄ってきました。というよりは正直お祭りよりもこちらがメインだったかもしれません。 お世話になってるアーティスト夫婦、というよりはアミーゴズのお店がオープンしたのです。 その名もMMF...

Read More →