11. 02. 2017

再び土へ。BALANCED、始まりました

浅井寛司さんの写真展、BALANCED、始まりました。 全ての事には始まりがあって、終わりがあると思うのです。 今回の展示はいわば、その終わった先の風景。 それにしても。どうして我々は遺跡、あるいは廃墟にこうも魅せられる...

Read More →
06. 02. 2017

浅井寛司写真展『BALANCED』

2月の14日(火)から浅井寛司さんの写真展『BALANCED』を開催します。 昨年ミャンマーの写真展を開催してくれた浅井さんのルーツとも言える今は使われなくなった建造物の物語。 退廃感や無常感のさらに先にある、大地として...

Read More →
21. 01. 2017

廃棄物の中のノスタルジア

告知の方遅れてしまいましたが24日から野澤一史さんの展示、PAGKABATA始まりました。 モノクロで印刷された写真はどこか高度経済成長、あるいはそのさらに前の戦後の日本の風景を感じます。そしてその荒れた大地に研磨された...

Read More →
20. 01. 2017

野澤一史さんの写真展、PAGKABATA 昔はみんなこどもだった

1月24日より野澤一史さんの写真展、PAGKABATA、昔はみんなこどもだったを開催します! 野澤さんは以前にもグループ展coincidenceでもお世話になった、フィリピンに活動の拠点を置く、ものすごい素敵な作家さんな...

Read More →
12. 01. 2017

ポートフォリオに嬉しい追加!

お店では、仲良くしてもらっている写真家さんのポートフォリオ、つまり作品集を置かせてもらっているのですがこの度、新しく二人の方から作品を預からせていただくことになりました! 高橋朝彦さんからは、同じ地球上にありながらなかな...

Read More →
18. 12. 2016

写真を展示させていただきます。一夜二界。

おかげさまで湯冷めからの病み倒しも峠を越えました。 心配してくださったみなさんありがとうございます。僕は元気です。 ですが僕もただただ倒れ、寝込んでいたわけではございません。 25日まで、年始はいつまでかまだ少し分かりま...

Read More →
01. 12. 2016

ハレとケがはじまる

山下裕さんの展示が12月2日より始まりました! チベットのハレとケ。 一部の旅人を除き日本で日常生活を送っているとほとんど交わる機会を持たない土地チベット。未だ神秘という言葉がよく似合う、雲の上の大地で、今日も繰り広げら...

Read More →
30. 11. 2016

weatherreport 1130 流れ続けるアンダマン時間とポートフォリオ、桃ビール

年末に向けて慌ただしくなる日常の中、ゆったりとしたアンダマン時間が流れるここ綱島。しかし会期も残す所あと二日となってしまいました。 隠と陽が交差する、謎の酒豪美女松井さん。基本毎日がぶがぶビール飲んでいます。 明日、明後...

Read More →
24. 11. 2016

山下裕写真展 チベット、ハレとケ

12月3日より山下裕さんの写真展、チベット、ハレとケを行います。 秘境とされているチベットのさらにその果ての日常と非日常をこだわり抜いた作品は圧巻の一言。 写真としての美しさだけではなく、山下さんのチベットとそこに暮らす...

Read More →
27. 10. 2016

松井直子さん、アンダマン諸島を彷徨う

友人でもあり写真家でもある松井直子さんの作品を11月19日より展示させてもらうことになりました! 舞台はインドのアンダマン諸島。デリーやバラナシ行ったことある人でもその存在を知らない人は多いのではないでしょうか。ましてや...

Read More →
Pages:123456»