31. 07. 2006
八重山回想5

八重山回想5

母乳飲みながらウタタネ。赤子のサンクチュアリ。

Read More →
30. 07. 2006
八重山回想4

八重山回想4

ハ、ハコガメですよ奥さん! 身の危険を察知したのか魅せてくれました御自慢の完全なるシェルター。 そうなんです。彼は首引っ込めたあと律儀にフタするんです。 こうなるとヤツはもはや無の境地に突入。 おっとすまねぇな若いの、こ...

Read More →
29. 07. 2006
Off
八重山回想3

八重山回想3

あぁ黒島・・。牛と山羊そしてなぜか孔雀が溢れる島・・黒島。 ふらっとチャリンコを漕ぐ時、出会う比率は四対三対ニ。残りの一が人間。 素晴らしきかな・・あぁ・・。

Read More →
28. 07. 2006
Off
八重山回想2

八重山回想2

目を離すとずんずん接近。歩み寄るとすたこらさっさ。 押さば引け引かば押せ。近寄る事はまかりならん。 そんなフットワークを妄想させる愛い樹マングローブ。

Read More →
27. 07. 2006
Off
八重山回想

八重山回想

西表を漂うカヤック上のカニ。目長いし手でかいし。 改めて見ると地球外生命体の容疑有りです。 こんなんが集団でわっせわっせとマッシブな右手を振る干潟ライフ。 当然わっせわっせとカヤック漕ぐ力も入るってもんです。

Read More →
13. 07. 2006
Off
記録に挑戦

記録に挑戦

バンコク、チェンマイ間。例えるなら東京、大阪のようなホットライン。 このささやかな道のりで我が身を襲うトラブルが絶えないのはいったいどういうことなのでしょう? 乗るたびにパンク、事故、故障を連発するおぞましき夜行バス。 ...

Read More →
02. 07. 2006
Off
プラットホーム10に潜む魔物

プラットホーム10に潜む魔物

来週月曜から久しぶりにタイに雑貨の買い付けに行ってまいります。 いいかげん訪れる回数も二桁突破しているバンコク。 さすがに緊張はありませんが、予期せぬ所に魔が潜んでいる事を前回2月の買い付けで私学びました。 それは出発当...

Read More →
08. 06. 2006
Off
器の都でハニワは微笑む

器の都でハニワは微笑む

飲食店の業でしょうか、慣れ親しんだお皿との別れはいつも突然。 後悔と思い出だけを残し破片を掃除する時は毎度目頭に熱いものが込み上げます。 しかし涙だけでは前に進めません。 重い腰を上げ日帰りで行って参りました。栃木県は益...

Read More →
25. 05. 2006
Off
密林こそ我が故郷

密林こそ我が故郷

シーカヤック。その響きに憧れ続け、はや何年でしょう。 なんかえらく素敵らしいぞ。どこまでも行けちゃうらしいぞ。 指をくわえてそんな話を聞き続けた生活に別れを告げます。 キノコが生えそうなほどにインドアな己を鼓舞し西表でつ...

Read More →
25. 04. 2006
Off
雨と瓦とネコ

雨と瓦とネコ

八重山の旅で一番目玉になるだろうと目論んでいたのが 赤瓦と水牛車で有名な竹富島。 鼻息を荒くしていざ散歩!とその瞬間島が流される・・と思うほどに豪雨。 そりゃないっす、そりゃないっすヨ・・とふてる自分。 とその時、宿の縁...

Read More →