11. 11. 2017

花を贈った回数について

花を贈る。おそらく世界で一番ロマンチックな愛情表現。 僕はこれまで人生で何度花を贈れたのか、そしてこの先何度花を贈ることができるのでしょうか。 お友達の写真家、國府方桃子さんは生活の中で知り合った人に花を贈り、そして写真...

Read More →
10. 11. 2017

ガスマスク持参のリゾート

嬉しいお知らせです!前回の展示に参加してくれた山下くんがお店にポートフォリオファイルを持ってきてくれました! インドネシアはジャワ島の活火山、イジェン。 通称ブルーフレイムと呼ばれる紫炎と煙。そして極限のガスの中、硫黄を...

Read More →
04. 11. 2017

転がらない石、やがて金剛へ

石の神を祀る国東半島を引き続き。 両子寺の阿と吽。 風雨に晒され、苔がむし、肉体は限界を超える。 金剛という表現がこれにあたるのでしょうか。信じられないくらいかっこいい。 最近興味のある庚申信仰。 いわゆる見ざる聞かざる...

Read More →
03. 11. 2017

weatherreport1103 西の果てまであとわずか。そして林檎のケーキとフォー

coincidence展、シルクロードの会期も残すところ二日となりました。 ラストスパートではありますが、幾つか作品をご紹介できればと思います。 鈴村くんのカラコルムハイウェイから3枚。 漢字の看板と決められた時間に祈り...

Read More →
31. 10. 2017

石と魚の息遣い

長崎から大分、平戸から国東。果てから果てへ。 九州は想像していたよりも大きく、そして多様性に満ちているようです。 距離だけでなく、根付く文化もまた大きく変わりました。 教会から神社仏閣、それも僕がよく知る仏様とは少しタイ...

Read More →
19. 10. 2017

coincidence07 旅人は西を目指す

旅人は西を目指す。 僭越ながら、自分が決めさせてもらったお題を参加する写真家に解釈してもらい展示してもらうcoincidence展。7回目となかった今回は西域シルクロード。 古来より絹、対価としての金、あらゆる富と文化が...

Read More →
12. 10. 2017

SOLON やがて海を越えて還る

今お店の壁を使って展示してある八重山の写真について少し説明をさせてもらえたらと思います。 環太平洋、円を描くように広がっていく島の国々。 そして、それぞれの島が持つ文化とそれぞれの島が属する国が持つ文化もまた円を描くよう...

Read More →
06. 10. 2017

終焉の先のアンガマ

本日無事に写真の方展示することができました。 僕は子供の頃から、我々、というか自分はどこから来て、やがてどこに行くのだろうという漠然とした疑問を常に持って、日々を生き、そして旅を続けてきたように思います。 八重山の旧盆で...

Read More →
26. 08. 2017

荒野に日が昇り、やがて荒野に日が落ちる

本日鈴村くんの写真展、On the Tibetの搬入が終わりました! 明日より展示開始です。ぜひ遊びにいらしてください! 作家在廊予定日は 8月30日(水)19時〜 9月1日 (金)19時〜 9月2日 (土)終日  9月...

Read More →
20. 08. 2017

鈴村雄誠写真展 On the Tibet

8月の30日より友人でもあるフォトグラファー、鈴村雄誠ことユーセー君の写真展、On the Tibetを開催します! 取り憑かれているのかと訝しむ程に旅をライフワークにするユーセー君。 彼が撮りためた旅の軌跡から雲の上の...

Read More →