24. 12. 2018

台湾と繋がる島々

展示というと大げさですが、台湾の写真を数点お店の壁に飾らせてもらっています。 日本ではお盆に当たる中元の時に訪れた基隆と新竹。 月の満ち欠けに呼応するように開く常世と間。闇の中を巡回する神々。 香を炊き、札を燃やし、仙人...

Read More →
15. 12. 2018

APAアワードにて受賞!

私事ですが、日本広告写真家協会、APAさんで開催されるアワード2019、写真作品部にて賞を頂きました!光栄すぎる。 来年、東京都写真美術館にて展示も行われるそうです。 楽しみです! 写真も大切。カレーも大切。 どちらも頑...

Read More →
13. 12. 2018

ジャン=ポール・グードの世界

皆さんは身につけてらっしゃいますか、ハイブランド。 紳士の嗜みなのか、現在の偶像崇拝なのでしょうか。 僕はハンカチ一つ持っていませんが、それでも銀座のシャネル、エルメスはちょこちょこ足を運んでいます。展示を見に。。 今、...

Read More →
09. 12. 2018

等しく雨が降り、等しく灰になる

写真の展示のステイトメントも出来上がったのでご紹介させてもらいます。 等しく雨が降り、等しく灰になる 幼少期を中南米、プエルトリコで過ごした自分にとってサウナのような温度と湿度は文字通り理屈ではなく肌で感じる懐かしさのよ...

Read More →
04. 12. 2018

灰は灰に、塵は塵に。

本日から横溝さんとの二人展、フィリピンの写真の展示が始まりました! 入り口入ってもらって左手にブックもご用意しました。まだ製本しきれていませんがよかったら手にとってご覧になってみてください。 クリスマスも近いってのに黒多...

Read More →
21. 11. 2018

潜像の語り手と北京ダッグ

美術館。とりあえず名前を知っている名画を見に行くような場所だと思っていた頃に偶然出会った映像作品。 心臓の鼓動が早く、なんなら停まるかくらいの興奮を覚えた経験があります。一人は石田尚志さん、もう一人がさわひらきさんです。...

Read More →
18. 11. 2018

紙を結うように

旅に出て、そこの絶景や笑顔を集めるような旅もあれば、日頃ニュースや些細な縁をきっかけにその問題や疑問を辿り自分の目で見て自分の頭で考える旅もまた存在します。 後者のような旅をあえて続け、何かを伝えたちと考えている仲間と今...

Read More →
15. 11. 2018

Thailand 6:30 P.M.

11月20日から12月の2日まで山本高樹さんの写真の展示を開催します! 舞台は黄昏時のタイランド。 陽炎と喧騒の先に揺らぐ笑顔がいつしかネオンに包まれる時間。 10バーツのパッタイとカットパイナップル、それにビニール袋に...

Read More →
11. 11. 2018

轍無き水平線

金曜日の夜、スターナビゲーションと呼ばれる航海術で旅をするカヌーに乗り、太平洋を旅する光菅修さんの話を聞く場を開きました。 実は僕はこのイベントが開催されるまで正直ほとんど光菅さんのことを知らなかったのです。 プロの冒険...

Read More →
25. 10. 2018

巨岩と妖精を囲む会

ただいま絶賛開催中、お店の雰囲気を一新するほどのインパクトを放っている小川周佑こと、オガちゃんのアイスランドの妖精の写真展。 先日一回目のイベント、巨石写真家の須田郡司さんとのトーク「アイスランドの妖精、ドルメン、日本の...

Read More →
Pages:«1234567...13»