08. 12. 2017

異界を見つめる眼。エンサイクロペディアの世界へ

本日夕方に少しお休みいただいて、ポレポレ東中野さんで上映中のエンサイクロペディアを見てきました! 見えない世界との交流をはかり、聞こえないメッセージを聞く。 そんなトランス儀礼やシャーマニズムの映像を上映しながら映像人類...

Read More →
02. 12. 2017

旅情熱帯夜

仲良くしてもらってる写真家、竹沢うるまさんから写真エッセイ、旅情熱帯夜を寄贈してもらいました! 世界のどこに行くかよりも世界をどう感じているか。 国境をまたぎ世界を俯瞰し、そして路地の奥の奥、人の渦の中にどこまでも入り込...

Read More →
01. 12. 2017

クルドの瞳

12月の11日から中東、特にトルコを中心に滞在型の旅を続け写真を撮る若きフォトグラファー、マサヨちゃんの写真の展示をさせてもらうことになりました。 彼女が魅せられているのはアナトリア東部に暮らすクルドの人々の瞳。 時とし...

Read More →
23. 11. 2017

太陽と虹の系譜。森井さんの写真の展示始がまりました。

いよいよ、11月24日より森井勇介さんの写真展が始まります。 ユーラシアの旅の作品が多い当店の壁に広がるラテンの世界。黒船現る。新鮮です! 店内を見渡すと、まず何よりも印象的に感じる巨大な着飾った少女の肖像。 インカ、あ...

Read More →
20. 11. 2017

アンデスを紡ぐ旅

11月25日より森井勇介さんの写真の展示をさせてもらうことになりました! 旅と、そして布に魅了され世界を旅する森井さん。 今、彼のフィールドはアンデス。 先住民の伝統と誇りを織り込んだ布をただ愛でるのではなく、作家として...

Read More →
11. 11. 2017

花を贈った回数について

花を贈る。おそらく世界で一番ロマンチックな愛情表現。 僕はこれまで人生で何度花を贈れたのか、そしてこの先何度花を贈ることができるのでしょうか。 お友達の写真家、國府方桃子さんは生活の中で知り合った人に花を贈り、そして写真...

Read More →
10. 11. 2017

ガスマスク持参のリゾート

嬉しいお知らせです!前回の展示に参加してくれた山下くんがお店にポートフォリオファイルを持ってきてくれました! インドネシアはジャワ島の活火山、イジェン。 通称ブルーフレイムと呼ばれる紫炎と煙。そして極限のガスの中、硫黄を...

Read More →
04. 11. 2017

転がらない石、やがて金剛へ

石の神を祀る国東半島を引き続き。 両子寺の阿と吽。 風雨に晒され、苔がむし、肉体は限界を超える。 金剛という表現がこれにあたるのでしょうか。信じられないくらいかっこいい。 最近興味のある庚申信仰。 いわゆる見ざる聞かざる...

Read More →
03. 11. 2017

weatherreport1103 西の果てまであとわずか。そして林檎のケーキとフォー

coincidence展、シルクロードの会期も残すところ二日となりました。 ラストスパートではありますが、幾つか作品をご紹介できればと思います。 鈴村くんのカラコルムハイウェイから3枚。 漢字の看板と決められた時間に祈り...

Read More →
31. 10. 2017

石と魚の息遣い

長崎から大分、平戸から国東。果てから果てへ。 九州は想像していたよりも大きく、そして多様性に満ちているようです。 距離だけでなく、根付く文化もまた大きく変わりました。 教会から神社仏閣、それも僕がよく知る仏様とは少しタイ...

Read More →
Pages:«12345»