23. 03. 2019

山下裕、写真展「Sulfur-化粧品原料-」

昨年末から年始にかけて製本した写真本invisible。 一緒に製本した仲間たちの作品を改めて、一人づつフォーカスしてお店で展示させてもらおうと思います。 一人目は山下裕。 invisibleでは発展著しい中国の農村部、...

Read More →
13. 03. 2019

APAアワード、そして営業再開!

本日夕方お休みをいただいていましたが18時より営業再開いたしました。 少し風が冷たいですが、春を感じる1日の終わりに、おすすめはハスの茶葉を使ったチャイ、その名もハスチャイ。あるいはジャスミンの香りがエキゾチックなジャス...

Read More →
08. 03. 2019

亀山仁写真展 写真展「Myanmar2005-2018]

3月12日から亀山仁さんの写真展、Myanmar2005-2018を開催します! 旅をするように暮らすなんてキャッチコピーはよく目にしますが、暮らすように旅をする亀山さん。 通うという言葉がこれほどしっくりくることも珍し...

Read More →
06. 03. 2019

秩父放浪 氷柱、食堂遺産、銭神さま

おもむろに秩父へ行ってきました。 少しだけ遠出して山里の空気を吸いたいなって時に、横浜からだとまず箱根。そして少し遠出しても山梨の方に行くことが多いですが、あしがくぼの氷柱、パリー食堂さん、この辺の気になるキーワードを頼...

Read More →
05. 03. 2019

APAアワード2019、始まりました!

https://genkosha.pictures/photo/18121218311 少し営業とは関係な話になってしまいますが、店の人、寺本が撮っている写真を載せてもらったAPAアワード2019が始まりました! 場所は...

Read More →
03. 03. 2019

ごぼうと鶏肉のキーマカレー、ユートピア最後の日

本日は市ノ川倫子さんの写真展utopia、理想郷の最終日となります。オリンパスのカメラで作り上げられたイメージの配合。 春の訪れを告げる雨がよく似合う作品。 夜には作家さんもいらっしゃるそうです。 美しくもはかない、そし...

Read More →
28. 02. 2019

毎日いい日が我が望み。

それはなんだか少しお恥ずかしいように思えまして。 その灯火は僕には少し明るすぎる、なぜだかそう感じていた私ですが、正直ほんのり憧れを抱いておりました。 台湾の空飛ぶランタン祭り、その名も平渓天燈祭。 タイあたりではコムロ...

Read More →
26. 02. 2019

井上冬彦さん、マイシャと精霊の木

あまり医者にはかからん人生でした。 子供の頃に膝をぱっくり切った時に痛いって言っているのに、あーそーだね、痛いねーなんて言いながらガシガシ傷口ほじられたあの日。 手をアホほど火傷した時も病院たらい回しにされた挙句、火傷で...

Read More →
26. 02. 2019

旅人の時間と記憶 山西崇文さんのuninstall

写真展でお会いし仲良くさせてもらっている写真家であり言葉を綴る人、山西崇文さん。お手製の本、uninstall。お店に置かせてもらいます。zineというより写真集、あるいは随筆、手記。 ページをめくるたびに様変わりするス...

Read More →
16. 02. 2019

2019影像行路 石川直樹さんとソフィカル

この冬、取り憑かれたように写真の展示を見に行きたくなった時期が訪れました。こういった周期は波があるのでしょうか。その右肩上がりな写欲に、これまたちょうど見たかった展示が立て続けに重なる幸福。僥倖! 最初に訪れたのはオペラ...

Read More →
Pages:1234567...14»